Plokingなる言葉は無いかも 

 ごみ拾いに健康的な楽しさをプラスした「プロギング(Plogging)」が今、日本でも盛んになっていると知る。プロギングはスウェーデンで誕生した取り組みで、「ジョギング(jogging)」と「plocka upp(スウェーデン語で“拾う”)」を組み合わせた造語で、内容はごみ袋と軍手を持ってジョギングし、ごみを見つけたら拾い、街を綺麗にする活動である。ジョギングが難しい世代や自然環境の中をウォーキングする者として、ゴミ拾いおじさんのように、自然の中にいる時、同時に、地上に落ちているゴミを拾うのは、以前から行われている。ジョギングの代わりにウォーキングであるので、プロキング(Ploking)新語?を勧めたい。自然観察時、プラスチックごみ問題にも思いを馳せたい。