SDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標
 全ての国連加盟国が2016年~2030年の15年間で達成を目指す、貧困や教育、環境など17分野にわたる目標で、それに紐づく169のターゲットがあります。

 その中で15番目の目標に「陸の豊かさを守ろう」があり、生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、ならびに生物多様性損失の阻止を図るとあります。その中で掲げられているターゲットで、私たちの笹窪谷での作業で関係する内容を下記します。

15.1
 2020年までに、森林、湿地、山地、および乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系およびそれらのサービスの保全、回復、および持続可能な利用を確保する。
15.2
 2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な管理の実施を促進し、森林破壊を阻止し、劣化した森林を回復し、植林と森林再生を大幅に増加させる。
15.3
 砂漠化防止(略)
15.4
 2030年までに生物多様性を含む山地生態系の保全を確保し、持続可能な開発にとって不可欠な便益をもたらす能力を強化する。
15.5
 自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020年までに絶滅危惧種を保護および絶滅防止するための緊急かつ重要な対策を講じる。
15.6
遺伝資源の活用(略)
15.7
 保護の対象となっている動植物種の密漁および違法な取引を撲滅するための緊急対策を講じ、違法な野生生物製品の需要・供給に対処する。
15.8
 2020年までに、侵略的外来種の移入を防止し、これによる陸・海洋生態系への影響を大幅に減少させる。対策優先種の駆除または排除を行うための対策を導入する。
15.9
 2020年までに、生態系と生物多様性の価値を、国家・地域の計画策定、開発プロセス等に組み込む。
15.a
 生物多様性と生態系の保全と持続的な利用のために、あらゆる供給源からの資金の動員および大幅な増加を行う。
15.b
 あらゆるレベルにおいてあらゆる供給源から多大な資源を動員して持続可能な森林管理の資金を調達する。
15.c
 地域コミュニティの能力向上を通じた持続的な生計機会の追及などにより、保護種の密猟および違法な取引を撲滅するための取り組み。

 これに関連して、藤沢市は藤沢市生物多様性地域戦略を2018/6、発表しています。