1野鳥の会各地支部報記事トッピクス要約

 1999年末~2020年6月、野鳥の会本部より送付された各地支部報の中より、主に調査、保護関係の記事を要約し、約1万2千件をデータベース化している。ファイルメーカーPro(Windows版)で検索ができる。1999年末、本部の自然保護室の支援作業を開始し、2020年のコロナ禍で止めるまでの作業結果である。中の要約文はこのHP管理者に版権がある。

支部報トピックス.FMJ
exe ファイル 18.9 MB

2湘南の野鳥

2011年2月、茅ケ崎市で発表したもの

湘南の野鳥.ppt
Microsoft Power Point プレゼンテーション 5.3 MB

 3鳥の羽根収集

2011年、野鳥の会神奈川支部の会員フォーラムで発表した資料を、本人(町田市 K)の快諾を受け掲載しています。

鳥の羽根収集.ppt
Microsoft Power Point プレゼンテーション 7.1 MB

4野鳥の会神奈川支部でオオタカ保護活動をした時、同支部報に投稿した記事

支部報投稿記事.pdf
PDFファイル 3.7 MB

5各地支部報でのオオタカ関連記事

  1999年末~2019年 野鳥の会各地支部報に載ったオオタカ関連記事要約

各地支部報でのオオタカ関連記事.docx
Microsoft Word 56.8 KB

6ネオコチノイド系農薬はオオタカ営巣に影響か

ネオニコチノイド系農薬の影響か?.ppt
Microsoft Power Point プレゼンテーション 539.0 KB

7神奈川県オオタカ保護指導指針説明

神奈川県オオタカ保護指導指針説明.ppt
Microsoft Power Point プレゼンテーション 3.3 MB

8オオタカの巣材調査

オオタカの巣の枝.ppt
Microsoft Power Point プレゼンテーション 870.5 KB

9最北地のツバメ営巣について

サロベツのツバメについて.eml
HTMLドキュメント 270.6 KB

10コムクドリの羽根の調査

コムクドリの換羽.ppt
Microsoft Power Point プレゼンテーション 339.0 KB

11エナガ、オオタカの巣を調査、コムクドリの換羽

エナガの巣の羽毛は群馬支部報(2016/7)には818枚とある。

鳥の巣2題.ppt
Microsoft Power Point プレゼンテーション 1.3 MB

12支部の畑幹事と共同で野鳥の会へトレイルランについて意見提出

登山道を走るトレイルランニング.doc
Microsoft Word 24.5 KB

13キジバトの季節変化

sheet2に周年変化のレーダーチャート有り 冬期に南下しているらしい。キジバトは嘗てヤマバトと呼ばれていた。秋、冬期に高所の山から降りて来る漂鳥かもしれない。

キジバト季節変化 (1) (1).xls
Microsoft Excel 15.0 KB

14神奈川県のシギチ渡り時期 2011年県下のランセンサスまとめた

神奈川k県シギチ渡り時期.xls
Microsoft Excel 75.5 KB

15ガンカモカウント

 2013/1、支部会員で分担し、神奈川県下でガンカモ一斉調査した結果を当方で集計した。

2013年ガンカモ集計表(2013).xls
Microsoft Excel 325.0 KB

16バンダーとは

バンダーとは.docx
Microsoft Word 12.7 KB

17絶滅定義 環境省資料

絶滅種定義.jpg
JPEGファイル 357.5 KB

18,19,20 野鳥の会神奈川支部研究年報(BINOS)に投稿したオオタカ関連3件

    2001年~2007年と古い

食痕から調査したオオタカの食性.pdf
PDFファイル 2.0 MB
藤沢市内に生息するオオタカへの開発事業の影響.pdf
PDFファイル 2.4 MB
巣で雛が死亡時のオオタカの行動観察記録.pdf
PDFファイル 330.4 KB

21 1990年オオタカ神奈川県発繁殖した記事(臼井勝之氏)

県内初記録オオタカの繁殖.pdf
PDFファイル 306.1 KB

22 サシバが危ない  2004/2神奈川支部報に投稿

サシバが危ない.pdf
PDFファイル 755.2 KB

23 2005/9~2006/3 笹窪谷でのオオタカ食痕調査

食痕場所.jpg
JPEGファイル 579.5 KB
食痕種.xlsx
Microsoft Excel 11.2 KB

  その他食痕結調査果は上記18番の1999/11~2000/7,2000/11~2001/4,及び作業員の頁、オオカタ関連2017/1/31の記事の2017/1に記録がある。添付調査地図のA~H場所は、2020年、オオタカの飛来も無くなり、この3年間で殆どオタカの食痕は確認できなくなった。斜面林での協議会の森林手入れ作業と谷戸内の都市造成工事が致命的になったと思われる。 

消滅に影響したと思われる事象

 A:2015/7からの病院敷地造成工事、B:営巣木周辺荒れ、谷戸内都市公園造成工事、

C:西側森林伐採、D:人の通行増加、E:森林手入、F:森林手入、G、竹伐採、H:竹炭作業場、やまゆり園開園

24 2006/9 茅ケ崎市柳谷谷戸でのサシバの営巣木調査 (三井修氏と共同)

 追加資料調査中

茅ヶ崎市サシバ.pdf
PDFファイル 500.8 KB

25 2011/11 東京支部へ説明した多摩川河口のシギチ

2011/11多摩川河口のシギチ.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 894.6 KB